スロースリップ千葉県沖で地震観測が続く、今後数ヶ月は地震に注意

千葉県東方沖では

1月2日から10日の間

小規模ながら地震が相次ぎ怒っている

地下のプレートの境目がゆっくりとズレ落ちる現象が

観測されている、海底が最大6cmずれた

やや規模の大きい地震が起こる可能性があるため

注意を呼びかけている

4


このゆっくり動く現象をスロースリップという

前回起こったのは

4年前の平成19年8月で

最大震度5弱の揺れを観測した

数ヶ月は注意が必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。