SMAPの解散 !木村拓哉は本当に裏切りなのか?俺はHEROだと信じる

Sponsored Link
ILOVESMAP

SMAPの解散について、最近の心情をSMAPの面々がテレビで述べた、

終始ご迷惑をかけたことを話し、

これから頑張っていきます。応援お願いします。

と言った内容だった。

 

今まで気になる木村拓哉残留、「キムタクの裏切り」である。

 

育ててくれたマネージャーがジャニーズをやめることになり

他の4人はマネージャーに付いて行き独立を行うと宣言していた。

木村拓哉は男気があり、人情味があるから

先頭を独立宣言するだろうと思っていたのに?

 

木村拓哉だけが、ジャニーズに残留した。

それを見てマスコミの憶測、世間一般が

キムタクだけが結婚していて、

子供がいて家庭を大事にしなければならなかった。

だから、「裏切った」と思われてきた。

 

私は違うと思った。

勿論、私の意見も憶測で正解ではないが

一つの意見として聞いて欲しい。

 

木村拓哉が造反しなかったら

今回の生放送の謝罪放送はなかった。

木村拓は5人全てがジャニーズを裏切って

マネージャーについていくことが

「とても危険である」と察知していたのではないか。

 

人情に任せてマネージャーに付いて行きたいが

5人とマネージャーが独立宣言を行っていたら、

ジャニーズが黙ってはいないだろう。

 

どんな仕打ちがあるかもわからないし

まして「SMAP」と名乗ることもできない

芸能活動も続けられるかわからない。

 

造反して独立、育ての親についていく

木村拓哉も本当はそうしたかったのかも知れない

しかし、木村拓哉が残ることで

 

ジャニーズとの交渉権が僅かに残っていたのである?

5人共独立ときっぱり宣言してしまったら

ジャニーズ側も強固な決断をしなければならなかった

 

それは、妥協案など許さない決別という判断に

なっていたのではないか

 

木村拓哉の裏切りが丸く収めるための

公証人となったのではないか?

 

世間では木村拓哉が裏切り者と言っているが

そんな浅はかな考えでいただろうか?

 

俺はもっと木村拓哉は漢である

世間に同いわれようが

最優先はSMAPが存続すること

その唯一の交渉が木村残留だったのだ

 

木村拓哉は本当に難しい問題の

ソフトランディングを成し遂げたのではないだろうか

マネージャーに恩義に報いて独立宣言をするというのは

日本人が好きなパターンではあるが、

木村拓哉は今や国民的なアイドル

「SMAPとしては存続する」ことに

すべての意義があると思ったのではないか。

それをヒシヒシと感じていたのが木村拓哉ではないだろうか

 

解散を止めることができるは(2016年1月19日現在はまだ解散、存続はわからないが)

木村拓哉で有ったことは事実ではないだろうか

 

皆さんもよく考えてみてください。

長年一緒に泣いて、笑って、一生懸命一緒に頑張ってきた仲間が独立だ!

と宣言している時に、一生懸命、先輩やいろいろな人の意見を聞いて

決断したのは、「残留」という一本の解決策だったのではないだろうか

木村拓哉は大金星で一生懸命仲間のことを考えての判断を下したのではないか

    Sponsored Link

    最新情報

    Sponsored Link

    コメントは受け付けていません。