デスノート不満が多いけど・・・日テレ7月放送テレビ番組

Sponsored Links

今日(5月27日(水))YAHOOニースを見てみると

 

日テレでテレビドラマ化する「デスノート」の不満が多い

まずは主人公の設定だが

 

夜神月は、普通の普通の大学生

えーーっなんで、天才じゃなかったの?

 

それに、Lは普通の天才

普通の天才?つまりお菓子ばっかりを食べている

目の下にクマがない天才

 

デスノートの良さを潰している

 

デスノートの良さはいろいろあるけど

やはり、夜神月が天才でいい人間だと思っていたら

それがとんでもない悪行をやる天才の人物

 

それに、Lだって

お菓子ばかりを食べている何かに夢中になったら

そればかりをやっている天才で

凡人の理解に苦しむ所が愛くるしいはずなんだけどな

結構、みんなも共感していたと思う

 

どこかゲームばかりに打ち込む自分と

お菓子ばかり食べている自分

自分の世界があってそれに没頭している

その中で我等がヒーローとなるのが

Lだよ

夜神月だって、

天才が故に、今の時代に不満があり

世の中をいい世界にしたいと思っている

それが天才が故に凡人でない行動をしてしまう

Sponsored Links

 

その天才同士の攻防戦が楽しいんじゃないの?

 

天才同士がどちらが勝つんだろう

応援するのは夜神月?L?

ストーリー性も面白いが

人間性も面白い

デスノートという設定も面白いが

若者の戦いが面白かったのに・・・

 

自分なりに考えたシナリオです

 

やはり不満はあるが

テレビ番組みます。

私が考えたストーリーは

ーーー

平凡な大学生がある日、デスノートを手にする

デスノートの威力を知ることによって

だんだんと自分の欲望を叶えることに楽しみを覚えてします

そして、今回は秘密基地を作り仲間を募る

ライト団、ライトを崇拝する仲間を集めて指示を出していく

決して自分は表に出ないで、国家権力に歯向かうようになっていく

かつてのカルト集団のように信者が増えて集団で生活をする

夜神月に取ってその集団は仲間でもあるが

国家権力に対する捕虜とも言える

その集団の中に、Lが潜入して

優秀な人材の洗脳を解いていく

そして国家権力を覆そうとする、

夜神月ライトとLの攻防戦が始まる

勝手にシナリオをかんがえたけど

どう?

 

納得いかない設定もあるけど

 

感想や、批判はドラマを見てからにしよう

またこの記事書きます

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントは受け付けていません。