オトナへのトビラSNSに注意「ネットにひそむストーカー」

ネット社会です

インターネットPCもそうですが、

今はスマホをほとんどの人が
毎日のように使っています

もちろん私も何か暇なときや

ちょっとした解らない言葉とか
知りたいことを調べるのに欠かせません

その中でもSNSは
人とのコミュニケーションを図るのに
重要なツールです

使っていない人は居ないんじゃないでしょうか
ネットにつなげるだけでメールをすぐに送ったり
写真を共有したり
無料で電話をかけたり

Facebook、Twitter、LINE
どれも使っています

そんな世の中で

それを悪用とする人たちもいます

ネットストーカー

知らない人から
声をかけられたり、
感情を芦原にされたり

悪に満ちた言葉を投げ変えられたり
その言動は、相手の顔が見られないから
余計に怖い物です

ある人は
IDをパスワードを不正に盗んだりして
複数のIDを取得したりしています

その対処法が、NHKの番組

オトナへのトビラTVで
「ネットにひそむストーカー」
と言う番組が10月2日19:25分から放送されます

番組を見る前に私なりに調べてみました。

1,事前に予防する

安易に個人情報をSNSに乗せない
個人情報と確定できない情報でも
それらを寄せ集めることで情報が繋がってきます

写真で写っている場所からすんでいるところが分かる
これと同様に一般公開されている
発言の場では方言をしゃべらない
地方の事柄を話題にしない

これらは誰でも見られるオープンな場所です
プライベートの話はクローズの場で話しましょう

IDやパスワードを書くSNSで同じ物にしておかない

2,ネットストーカーの対処

自分一人で解決しないで第3者の協力が必要です
家族、警察(サイバー警察)、弁護士など
ネットに強い人を見方にしましょう

証拠を残しておく

ネットストーカーのやりとりなんて
見たくもありませんが、ここはあえて

ネットストーカーのやり口を保存しておきましょう
テキストとして保存しておくのも良いですし

スクリーンキャプチャーとして写真に撮っておくことも良いです
その時は年月日を同時に記録しましょう

3,最初は無視、被害にあう前にみかたを付ける

自分のプライベート情報が漏れていないなら
完全に無視をしましょう

もしこれ以上進むと実害があると
感じるなら

警察、ネットに強い弁護士、探偵、家族、先生

に相談してください

一人で解決しようとせずに
必ず、大人の力を借りてください

きっと見方になってくれます。

 

コメントは受け付けていません。