斎藤工は反日か?ブログtwitterから読み解く、世界を知った若手俳優だろ

Sponsored Link
saitoutakumi

Sponsored Link

斎藤 工(さいとう たくみ)

プロフィールWikiより

本名 斎藤 工

生年月日 1981年8月22日(32歳)
出生地 東京都
身長 184 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 2001年(俳優デビュー) –
公式サイト http://saitoh-takumi.jp/
主な作品
テレビドラマ
最上の命医
BOYSエステ
フルスイング
ボーイズ・オン・ザ・ラン
ガラスの家
ミス・パイロット
僕のいた時間
映画
時の香り〜リメンバー·ミー
春琴抄
舞台
ミュージカル・テニスの王子様
THE FAMILY・絆

斎藤工とても気になる俳優さんです。

反日俳優と言われていますが、果たして本当なのだろうか?
いや、日本人であって反日であると言われること自体がすごい野では無いか

今日本では嫌韓が多いように思える中での反日?

俳優としてそれは致命的であるはずだが、日本を嫌っているようですね

斎藤工のブログ「斎藤工務店」

http://takuming.seesaa.net

このブログを見ると

反日の様子が見られない

彼の教育が悪かったという人も居ますが、

「シュタイナー教育」
私はこの教育がすばらいい物に見えます。
詰め込み教育よりも考える力を付ける教育

教科書は無しで自分で教科書は作る
なんと素晴らしい教育でしょうか

彼が日本を出たときに見た世界がどのように写ったのでしょうか

彼の言葉に

「いろいろな苦にを旅して最後に気付いたことは、日本は本当に素晴らしい国だということ」と言っている

私も、日本に嫌気がさして、人情味のあるアジア諸国を歩いたことがあるが、つくづく思ったのは「日本って良い国なんだ」

みんなが平和に暮らせて安全で頑張ればいくらでもやりたいことが出来る

こんなに平和で自由な国は無いと思う

彼の生い立ち、考えが
一般の日本人に偏見を与えたのかも知れない

日本人だから日本を悪く言うのは良くない
それは固定観念に縛られているし、その考えはエゴだ

日本の常識が世界で通じないことを知らないといけないし
日本素晴らしいところも知らないといけない

日本を知るためには日本を離れて、世界を見て
初めて日本が見えてきます

そして感じるのは

「あ〜っ日本人で良かった〜」なのです

日本と日本人は良い所が多い
でも、悪い所があるから、それを見つけに世界へ出てみる

これが正解だと思う

斎藤工さんはそういったことを思っているのでは無いだろうか

    Sponsored Link

    最新情報

    Sponsored Link

    コメントは受け付けていません。