MayJが26連勝でストップ!「これでいいんです」とは何を意味するか?

Sponsored Link
slooProImg_20140509032401.jpg

「これでいいんです。ここからが新たなスタートです」

MayJはサラ・オレインに僅差で敗れたときに言い放った、

どう意味があるんだろうか?

Sponsored Link

1

関ジャニエイトの番組「仕分け」

私はこの仕分けの判定はどうでも良く

ただ単に歌のうまいMayJさん達の歌が聴きたくて

よく見ていました。

その中でMayJさんの歌はすごいと思っていましたし

MayJさんに憧れる人も沢山いたと思います

まさか、まさか

MayJさんが負けるとは思わなかった

番組の没頭にMayJさんが負けたように宣伝して

視聴率を上げようという魂胆なのか?

と思ったが、負けてしまった

会場のお客さんたちも呆然とした顔でした。

それもそのはず、

歌った曲が

MayJさんの持ち歌

「アナと雪の女王」の主題歌

「Let it Go」で勝負したのに僅差で敗れてしまった

MayJ.が95.491点、

サラ・オレインが96.132点

サラ・オレインさんは確かにうまいし正確だと思った

歌を聴いていてもすごいと思う

でも、ひいき目で見てしまうが

MayJの歌が好きだ

彼女が負けたとき、苦痛の顔をしていたが

その時に言い放った言葉が

「これでいいんです。ここからが新たなスタートです」

「これでいいんです。ここからが新たなスタートです」

 どう意味なのか?

彼女が世に出たのは

関ジャニエイトの仕分け出有る事は確かだ

出た当初は歌を歌うことさえ止めようと思っていたそうだ

最後と思いで他番組がこの番組であった。

それが連勝連勝で26連勝していた

連勝することがいつの間にか当たり前になっていたし

連勝しなければ、MayJじゃないと思えるようにもなった

昔のように歌を歌うことじゃなく

仕分けで勝つことが

彼女に与えられた使命にもなっていたのだろうか?

それがいつか、苦痛になっていただろうし

いつか、負けるであろう時を

彼女自身も望んでいたのではないだろうか?

皮肉にもディズニーが好きで

いつしか、ディズニーの主題歌を歌える歌手になりたい

と思っていた彼女が

MayJの持ち歌となった

「アナと雪の女王」で破れてしまった

見ていて、なんと皮肉なんだろうと私は思った

でも彼女の言葉

「これでいいんです」が

彼女の芯の強さを表しているのです

これでいいんです、私はまだまだ歌える

勝負の歌じゃなく

みんなが好きになってくれる歌を歌いたい

そう私には聞こえた。

歌は数字じゃない

勝ち負けでもない

もちろん私も番組は好きですが

小さな女の子がお母さんのために一生懸命歌う

「ハッピーバースデー」なんかはもう感動物ですよね

それと同じように歌も数字じゃなく

人の心に響く歌を歌いたい

そう私には聞こえました。

MayJさんこれからも応援しています

彼女は今回負けて

一つ吹っ切れた印象がありました

なにか、これでいいんだ

前に進むにはこれでいいんだ

前に進もう

と聞こえました。

いつも歌をありがとう

MayJさん

いつまでも応援します

 

 

 

    Sponsored Link

    最新情報

    Sponsored Link

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。