ガリクソンR-1会場爆笑が落選審査員は何基準?さんまもの申す

Sponsored Link
2

2月11日に行われた落語グランプリの行われた

そこで、ガリガリガリクソンは他の誰よりも
会場でうけていました

もちろん本人は準決勝進出と思ったのでしょう
しかし結果は落選

Sponsored Link

審査員には「修行の跡が見えない」と言われたそうです

2

ガリクソンのブログ
ブログもおもろいなー必読
http://garigarigarikuson.laff.jp/blog/2014/02/1-618b.html

4

持論
漫才は笑いが一番ではないでしょうか
何で努力の跡が見えないとイケないのでしょうか

それはベテランから見えたら
努力している、熟練されていない
解るかも知れませんが

でも、見ているのは素人さんです

素人さんが見て「アッこの人努力されてるなー」
「素晴らしい努力さんだ−」なんて
必要ないでしょ

ガリクソンが言うように
受けてナンボでしょ

1

3

昨今は美男子芸人とか
美しすぎる女芸人とか
言っている番組もあります
それは一つの芸でネタに出来ます

芸人だったら
お客の一人でも笑わせることを
考えるのが本筋じゃないですか

残念ながら
ガリクソンさんの漫談は聞いていないので
芸に関しては何にも言えないけど

ガリクソンさんが本当に会場を沸かせていたなら
その通りだと思う

さんまさんも言っていたので抜粋します

5

「お笑いを競争さすのは、大嫌いなんですよ。
それで評価する審査員がきらいなんですよ。
お前ら笑いを審査するほど腕あんのかって。」

ガリクソンはブログに
「審査って何?お客様第一主義じゃないの?
あいまいな審査基準揚げやがってくそボケカス」

さんまさんは
さすがと思いました

ガリクソンさんは相当怒っているのでしょうね
聞いているとちょっと危ないくらいですね

私からの提案は
審査員は国民にしたらどうでしょう?
参加したい人を募って視聴者に審査をしてもらったら
いいでしょ

お客が決めるのだから
漫才やっている人もお客さんも納得がいく

まあ、コメンテーターとして
寸評を言う人がいても良いが採点には加わらない
というのはどうでしょうか?

いいとおもうけどな

準決勝は2月21日、
東京・ラフォーレミュージアム六本木および
大阪・なんばグランド花月にて同時開催
ちなみにガリクソンより受けなかった芸人の集まりです
行く意味あんの?

    Sponsored Link

    最新情報

    Sponsored Link

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。